お客様の流れを想像する | たかみツール
前のページ
TOP
次のページ

お客様の流れを想像する

いきなり難しいタイトルですが、とても重要です。
もし言い換えるなら「どこにアクセスが集まるか?」です。

時々、報酬が全然上がらないというご相談を頂いたりします。

掘り下げてコンサルしていくと、基本中の基本が全くできてないケースがあります。

5W1Hという言葉はご存知でしょうか?

これに1つ追加した6W1Hがサイトアフィリの基本です。

サイトもこの6W1Hに沿ってチェックすれば
殆どの場合問題点が見えてきます。
もし稼げないサイトがあれば自分のサイトを
6W1Hに沿って書き出してみてください。
どこか、曖昧になっている部分があるはずです。

まず5W1Hの意味する所は

いつ(When)
どこで(Where)
誰が(Who)
何を(What)
なぜ(Why)
どうやって(How)

これを、自分のサイトに当てはめてみてください。

☆肝心のもう1つは

whom(誰に)
「誰に」です。
どのターゲットのお客さんか?という事です。

自分のサイトの目指すところが
この項目に対してしっかり説明できるか
という事がとても重要なのです。
もしミスに気が付いたなら、そんな時は、
改良・修正するのは無くて新規作成する方が良いと思います。

 

 

検索した結果をよく見ていますか
キャンペーンは6月9日まで

関連記事一覧

キュレーションメディアの持つ情報発信力の魅力

医療情報キュレーションメディア「WELQ」が 大きな問題となったのは記憶に新しいと思います。 DeNAさんが運営する他のサイト...

サイトの構成を分散させるというリスク分散

サイトの構成について2年ぐらい前にもアンケート にお答え頂いたのですが、この度またご協力を頂きました。 アンケート結果 前回に...

Amazonも楽天も目線を変えて観察すると

ネット通販といえばAmazonか楽天を想像する人が多いと思います。 この2つの物販サイト(スマホサイト)をお客様目線と売り手目線の 両方で見...

ペンギンアップデート前に出来る事は何か?

ペンギンアップデートがそろそろ 実施されそうな雰囲気がしていますね。 受けるだろう影響を考えると、夜、とても 寝つきが悪いと言うのが正直な所...

低品質コンテンツに関する改善要望という内容のメール

サイトの構造を分散させるというテーマで、ユーザー様とお話をしてたところに 偶然のタイミングというか何件かグーグルから 「低品質コンテンツに関...