まねきねこPPC・まねきねこユーザー様向けワードプレス5への事前準備について

まねきねこPPCまねきねこをお使い頂きありがとうございます。

まもなくワードプレスが バージョン5にアップデートされるとアナウンスされていますが

ご存知でしょうか?

 

テーマが動作しなくなるという訳ではないので安心してください。動きますから。

 

今回、ワードプレスを使用する側からみると、大幅なアップデートになります。これまで使い込んできたTinyMCE系のエディタからGutenberg(グーテンベルグと読みます)と言われるブロック管理が可能なエディターが標準でワードプレスに導入される予定になっています。

 

まねきねこ系のテーマは投稿・固定ページに多数のパネルにカスタムコントロールを配置して入力して頂きますが、少し並びが変わると予想しています。

 

実際はリリースされないとわからないのですが、現在スムーズに移行して頂ける様にアルファー版(テスト版)といわれるワードプレス5で動作テストを行っており先日、リリースしたまねきねこPPC バージョン1.3.1では、一部アルファー版に対応した機能追加も実施しております。

 

混乱するのが嫌なので

 

それに備えて念のためですが、プラグインのClassic Editorを入れて有効化しておくとよいと思います。

こちらを入れておくと新しいエディタGutenberg(グーテンベルグと読みます)を使うか、従来のTinyMCE系のエディタを使用するか選択が可能になります。邪魔になる訳ではないので予め準備をしておく事をお勧めします。

 

簡単ですが、インストール手順をまとめてみたので参考にしてください。

 

 

Classic Editorのインストールについて

管理画面から「プラグイン」-「新規追加」をクリックします。

キーワード欄にプラグイン名のClassic Editorを入力します。

 

 

画面にClassic Editorプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」、「有効化」をクリックしましょう。

 

 

 

プラグインにClassic Editorが有効化されました。

 

 

 

管理画面の「設定」-「投稿設定」からクラシックエディターを使用について設定できます。

 

 

簡単なのでこれで完了です。

 

ワードプレス5になるまで定期的にテスト行っていきますが、仕様変更によりこの説明通りにならない事もありますのでその点はご了承ください。

 

ユーザー様には購入者通信でもご案内いたしますのでよろしくお願します。

 

 

 

新着記事一覧

まねきねこPPC・まねきねこユーザー様向けワードプレス5への事前準備について

まねきねこPPC、まねきねこをお使い頂きありがとうございます。 まもなくワードプレスが バージョン5にアップデートされるとアナウンスされてい...

低品質コンテンツに関する改善要望という内容のメール

サイトの構造を分散させるというテーマで、ユーザー様とお話をしてたところに 偶然のタイミングというか何件かグーグルから 「低品質コンテンツに関...

サイトの構成を分散させるというリスク分散

サイトの構成について2年ぐらい前にもアンケート にお答え頂いたのですが、この度またご協力を頂きました。 アンケート結果 前回に...

キュレーションメディアの持つ情報発信力の魅力

医療情報キュレーションメディア「WELQ」が 大きな問題となったのは記憶に新しいと思います。 DeNAさんが運営する他のサイト...

Office2013にOffice2016のパワポ

パソコンにOffice2013が入っている状態で、どうしてもパワポを入れる 必要があったので、アマゾンで速攻購入してインストールをと思ったら...