直帰(離脱)されているという事 | たかみツール
前のページ
TOP
次のページ

直帰(離脱)されているという事

ユーザーの導線を考えずに作ったサイトの場合

90%以上は、直帰(離脱)されているという

事実に気が付いているでしょうか?

アクセスがあるのに・・・

という人は自分のサイトをもう一度見直すべきです。

 

グーグルアナリティクスを導入していれば直ぐに判断付きます、

グラフに、直帰以外の人を追加すれば

もっとよく解りやすくグラフを見る事も可能です。

 

具体的には、アクセスのあるキーワードで

検索エンジンでライバルサイトと比較してみてください。
ページをスクロールさせずにブラウザに表示された、

ファーストインプレッションを比較してみてください。

デザインの良し悪しは関係ありません。

タイトル・キャッチコピー、リンクの位置等

比較してみてください。

 

実は、誰でも当たり前にスクロールしていると思うかもしれませんが、

気に入らなければ瞬間的に判断され離脱されているという事です。
この様にならないページ構成が必要となる訳です。

サイトの幅は何ピクセルが多いか
スマホの機能からわかる事は

関連記事一覧

Amazonも楽天も目線を変えて観察すると

ネット通販といえばAmazonか楽天を想像する人が多いと思います。 この2つの物販サイト(スマホサイト)をお客様目線と売り手目線の 両方で見...

キャンペーンは6月9日まで

こちらの特別キャンペーンは終了致しました。 ご協力ありがとうございました。 6月10日 中古ドメイン+WP+IP...

集客は待っていてもダメな時代です

よくビックデータを利用するとか耳にすると思います。 人の動きを分析する集客(マーケティング)にも当てはまりますよね。 今、勝ち...

キーワード選択の1歩

SEO対策で、自分の扱っている商品やサービスが どの様に検索される確率が高いかを把握していますか? 確実に検索数の多いキーワードを選ぶ事が売...

PPCアフィリエイト審査をとおすコツ byまねきねこPPC

こんにちは、 「まねきねこPPC」の中の人です。 本日の動画では、 「PPCアフィリエイト審査をとおすコツ」 ということで、動画を撮りました...