直帰(離脱)されているという事 | たかみツール
前のページ
TOP
次のページ

直帰(離脱)されているという事

ユーザーの導線を考えずに作ったサイトの場合

90%以上は、直帰(離脱)されているという

事実に気が付いているでしょうか?

アクセスがあるのに・・・

という人は自分のサイトをもう一度見直すべきです。

 

グーグルアナリティクスを導入していれば直ぐに判断付きます、

グラフに、直帰以外の人を追加すれば

もっとよく解りやすくグラフを見る事も可能です。

 

具体的には、アクセスのあるキーワードで

検索エンジンでライバルサイトと比較してみてください。
ページをスクロールさせずにブラウザに表示された、

ファーストインプレッションを比較してみてください。

デザインの良し悪しは関係ありません。

タイトル・キャッチコピー、リンクの位置等

比較してみてください。

 

実は、誰でも当たり前にスクロールしていると思うかもしれませんが、

気に入らなければ瞬間的に判断され離脱されているという事です。
この様にならないページ構成が必要となる訳です。

サイトの幅は何ピクセルが多いか
スマホの機能からわかる事は

関連記事一覧

スマホの機能からわかる事は

スマホの機能からわかるサイトデザインの基本形があります。 ユーザーの導線のとあるアンケート結果で検索結果を何ページ目まで見るか というのがあ...

何をして自分のWEBページをアピールしますか?

自分の作ったWEBサイトの1ページがWEB情報の どの部分を担っているか考えた事はありますか? たまたま見ていたブログに「明日のプランニング...

ペンギンアップデート前に出来る事は何か?

ペンギンアップデートがそろそろ 実施されそうな雰囲気がしていますね。 受けるだろう影響を考えると、夜、とても 寝つきが悪いと言うのが正直な所...

Amazonも楽天も目線を変えて観察すると

ネット通販といえばAmazonか楽天を想像する人が多いと思います。 この2つの物販サイト(スマホサイト)をお客様目線と売り手目線の 両方で見...

モバイル・インターネットの市場が3倍伸びる

モバイル・インターネットの市場が2018年までに 世界的にみて現状から3倍伸びるだろうと という記事がありました。 現時点では、有料アプリ、...