前のページ
TOP
次のページ

直帰(離脱)されているという事

ユーザーの導線を考えずに作ったサイトの場合

90%以上は、直帰(離脱)されているという

事実に気が付いているでしょうか?

アクセスがあるのに・・・

という人は自分のサイトをもう一度見直すべきです。

 

グーグルアナリティクスを導入していれば直ぐに判断付きます、

グラフに、直帰以外の人を追加すれば

もっとよく解りやすくグラフを見る事も可能です。

 

具体的には、アクセスのあるキーワードで

検索エンジンでライバルサイトと比較してみてください。
ページをスクロールさせずにブラウザに表示された、

ファーストインプレッションを比較してみてください。

デザインの良し悪しは関係ありません。

タイトル・キャッチコピー、リンクの位置等

比較してみてください。

 

実は、誰でも当たり前にスクロールしていると思うかもしれませんが、

気に入らなければ瞬間的に判断され離脱されているという事です。
この様にならないページ構成が必要となる訳です。

サイトの幅は何ピクセルが多いか
スマホの機能からわかる事は

関連記事一覧

店長からのメッセージは効く

ECサイトでユーザーの購入に結び付く 有効な手段は、店長からのメッセージと ユーザーのレビューである事は ご存じだと思います。 これは「不安...

ランディングページ(LP)の役割とは

ランディングページ(LP)の役割とは? ネットで検索する理由は、その殆どが 悩みの解決だという事はご存じだと思います。 ネットショッピングの...

キャンペーンは6月9日まで

こちらの特別キャンペーンは終了致しました。 ご協力ありがとうございました。 6月10日 中古ドメイン+WP+IP...

キュレーションメディアの持つ情報発信力の魅力

医療情報キュレーションメディア「WELQ」が 大きな問題となったのは記憶に新しいと思います。 DeNAさんが運営する他のサイト...

集客は待っていてもダメな時代です

よくビックデータを利用するとか耳にすると思います。 人の動きを分析する集客(マーケティング)にも当てはまりますよね。 今、勝ち...