Amazonも楽天も目線を変えて観察すると | たかみツール
前のページ
TOP
次のページ

Amazonも楽天も目線を変えて観察すると

ネット通販といえばAmazonか楽天を想像する人が多いと思います。

この2つの物販サイト(スマホサイト)をお客様目線と売り手目線の

両方で見るといろいろな特徴が見えてきます。

 

見た目は、Amazonが欧米的でシンプルで

楽天は日本的で作り込まれてるという印象があります。
実際にどの様に感じますか?

 

Amazonは欲しいものがすぐに見つかる、

どちらかと言うと型番検索してサクッと見つかるイメージですが、

お客様のタイプとしては欲しいものが

最初から決まっている人に便利な作りですよね。

 

楽天はサイト滞在時間を増やす仕組みを作って、

サイト内を巡回させ買ってみようか!欲しいという意欲をかきたてる作りになっています。

時間による訴求は両サイト同じようにされているのですが、

楽天は特にポイントで誘導する仕組みが目立ちます。

 

この2つのサイトの購入に繋がる良い所をサイトを

しっかり巡回して見つけてください。

 

SEO的な対策も考えると、より違った見方も可能です。

スマートフォンの小さな画面の中での表現ですから、

応用できる事も多々ありますよ。

レスポンシブデザインが必須か?
ファーストビュー次第で売上は激変

関連記事一覧

サイトの幅は何ピクセルが多いか

ECサイトのデザインについて、面白いデータがありました。 まずはサイトの幅です。CSSを編集してる方ならcontainerとか main、c...

サイトの構成を分散させるというリスク分散

サイトの構成について2年ぐらい前にもアンケート にお答え頂いたのですが、この度またご協力を頂きました。 アンケート結果 前回に...

お客様の流れを想像する

いきなり難しいタイトルですが、とても重要です。 もし言い換えるなら「どこにアクセスが集まるか?」です。 時々、報酬が全然上がらないというご相...

集客は待っていてもダメな時代です

よくビックデータを利用するとか耳にすると思います。 人の動きを分析する集客(マーケティング)にも当てはまりますよね。 今、勝ち...

スマホの機能からわかる事は

スマホの機能からわかるサイトデザインの基本形があります。 ユーザーの導線のとあるアンケート結果で検索結果を何ページ目まで見るか というのがあ...