お客様の流れを想像する | たかみツール
前のページ
TOP
次のページ

お客様の流れを想像する

いきなり難しいタイトルですが、とても重要です。
もし言い換えるなら「どこにアクセスが集まるか?」です。

時々、報酬が全然上がらないというご相談を頂いたりします。

掘り下げてコンサルしていくと、基本中の基本が全くできてないケースがあります。

5W1Hという言葉はご存知でしょうか?

これに1つ追加した6W1Hがサイトアフィリの基本です。

サイトもこの6W1Hに沿ってチェックすれば
殆どの場合問題点が見えてきます。
もし稼げないサイトがあれば自分のサイトを
6W1Hに沿って書き出してみてください。
どこか、曖昧になっている部分があるはずです。

まず5W1Hの意味する所は

いつ(When)
どこで(Where)
誰が(Who)
何を(What)
なぜ(Why)
どうやって(How)

これを、自分のサイトに当てはめてみてください。

☆肝心のもう1つは

whom(誰に)
「誰に」です。
どのターゲットのお客さんか?という事です。

自分のサイトの目指すところが
この項目に対してしっかり説明できるか
という事がとても重要なのです。
もしミスに気が付いたなら、そんな時は、
改良・修正するのは無くて新規作成する方が良いと思います。

 

 

検索した結果をよく見ていますか
キャンペーンは6月9日まで

関連記事一覧

新規ドメインの現状調査

新規ドメインの現状調査というかどれぐらいで インデックスされ始めるかテストしてみた。 皆さんはドメインは何個ぐらい運用されてますか? 最近で...

iPhone商戦は気長に考える方が良い

iPhoneの予約系キーワードでの検索が一服状態になっていますね。 次はシルバーウィーク明けの発売に向けて ニュース等にiPh...

何をして自分のWEBページをアピールしますか?

自分の作ったWEBサイトの1ページがWEB情報の どの部分を担っているか考えた事はありますか? たまたま見ていたブログに「明日のプランニング...

キーワード選択の1歩

SEO対策で、自分の扱っている商品やサービスが どの様に検索される確率が高いかを把握していますか? 確実に検索数の多いキーワードを選ぶ事が売...

キュレーションメディアの持つ情報発信力の魅力

医療情報キュレーションメディア「WELQ」が 大きな問題となったのは記憶に新しいと思います。 DeNAさんが運営する他のサイト...