前のページ
TOP
次のページ

購入する理由を作る

コンサルをしていて最初の頃に必ず
聞かれるのが勧めた商品やサービス以外の
商品の選び方です。

その理由として多く聞くのが、
「ライバルが多い」
「皆さんが紹介している」
です。

これらを心配してるのなら、今、既に
売上の上がらない負のスパイラルに
陥ってるはずです。

ここで必要なのは頭の切り替えであり、
発想の転換です。

例えば、テレビ。
電気店に行けばどのお店でも同じ物を
取り扱っていますし、電気店以外の
場所でも販売されています。

A店が販売しているからB点が販売を
中止するという事はありません。

A店もB店からも売れるのです。
何が違うか?売り方が違うのです。

単純に価格面だけの競争をしている
お店は、自然に淘汰されています。

テレビを売るのには変わりないのですが
そこで買う理由を価格以外で工夫して
付加しているのです。
これは、サイト作成にとても言えます。
アクセスしてくれたユーザーのどこに訴えるか?
ただ、商品を並べて「ハイどうぞ」では
売れ無いのも理解できると思います。

成功に向けて、価格面、商品名等だけの
当たり前の作業だけはなく、売り方、進め方
を考える必要があるのです。

もう一歩踏み込めばパソコンとスマホでは
操作性が違います。デバイスによって
さらに成約率を上げるためには、さらに
ユーザーの行動を組む必要があります。

ランディングページ(LP)の役割とは
iphoneでtwitterの携帯電話認証にハマる

関連記事一覧

パンダとペンギンが暴れそう

パンダアップデートとペンギンアップデートが近いうちに 嵐を起こしそうですね。 いろいろなSEO関連のブログで、アルゴリズムの さらなる変更が...

検索した結果をよく見ていますか

検索サイトのヤフーについて質問をしてみます。 検索結果のベースはヤフーもグーグルも 同じであるという話はごぞんじでしょうか? ...

スマホの機能からわかる事は

スマホの機能からわかるサイトデザインの基本形があります。 ユーザーの導線のとあるアンケート結果で検索結果を何ページ目まで見るか というのがあ...

SEO上位表示の答えはグーグルから

サイト作成する際の疑問に感じた事を まずはグーグルを検索して調べるという事を 行っていますでしょうか? ほぼすべての事柄の答え...

ランキング形式は有効

パソコンユーザー向けの話ですがサイトデザインの中で、 ランキング形式のデザインがそこそこの結果を残す事は良く知られています。 なぜでしょうか...