前のページ
TOP
次のページ

まねきねこPPC・まねきねこユーザー様向けワードプレス5への事前準備について

まねきねこPPCまねきねこをお使い頂きありがとうございます。

まもなくワードプレスが バージョン5にアップデートされるとアナウンスされていますが

ご存知でしょうか?

 

テーマが動作しなくなるという訳ではないので安心してください。動きますから。

 

今回、ワードプレスを使用する側からみると、大幅なアップデートになります。これまで使い込んできたTinyMCE系のエディタからGutenberg(グーテンベルグと読みます)と言われるブロック管理が可能なエディターが標準でワードプレスに導入される予定になっています。

 

まねきねこ系のテーマは投稿・固定ページに多数のパネルにカスタムコントロールを配置して入力して頂きますが、少し並びが変わると予想しています。

 

実際はリリースされないとわからないのですが、現在スムーズに移行して頂ける様にアルファー版(テスト版)といわれるワードプレス5で動作テストを行っており先日、リリースしたまねきねこPPC バージョン1.3.1では、一部アルファー版に対応した機能追加も実施しております。

 

混乱するのが嫌なので

 

それに備えて念のためですが、プラグインのClassic Editorを入れて有効化しておくとよいと思います。

こちらを入れておくと新しいエディタGutenberg(グーテンベルグと読みます)を使うか、従来のTinyMCE系のエディタを使用するか選択が可能になります。邪魔になる訳ではないので予め準備をしておく事をお勧めします。

 

簡単ですが、インストール手順をまとめてみたので参考にしてください。

 

 

Classic Editorのインストールについて

管理画面から「プラグイン」-「新規追加」をクリックします。

キーワード欄にプラグイン名のClassic Editorを入力します。

 

 

画面にClassic Editorプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」、「有効化」をクリックしましょう。

 

 

 

プラグインにClassic Editorが有効化されました。

 

 

 

管理画面の「設定」-「投稿設定」からクラシックエディターを使用について設定できます。

 

 

簡単なのでこれで完了です。

 

ワードプレス5になるまで定期的にテスト行っていきますが、仕様変更によりこの説明通りにならない事もありますのでその点はご了承ください。

 

ユーザー様には購入者通信でもご案内いたしますのでよろしくお願します。

 

 

 

低品質コンテンツに関する改善要望という内容のメール

関連記事一覧

iphoneでtwitterの携帯電話認証にハマる

たかみツールのサポートブログのワードプレスを ツイッターと連係させようと思い「WP to Twitter」プラグインを 入れた所までよかった...

ネットの中で信じるべきは数字

ホームページ、WEBサイトを使ったネットビジネスをやっていて、 ネットの中で一番あてにならないのが、自分の勘です。 慣れるまでは本当に恐ろし...

モバイル・インターネットの市場が3倍伸びる

モバイル・インターネットの市場が2018年までに 世界的にみて現状から3倍伸びるだろうと という記事がありました。 現時点では、有料アプリ、...

店長からのメッセージは効く

ECサイトでユーザーの購入に結び付く 有効な手段は、店長からのメッセージと ユーザーのレビューである事は ご存じだと思います。 これは「不安...

ファーストビュー次第で売上は激変

ファーストビューというという言葉はご存じでしょうか? WEBページを開いて、一番最初に表示される 最重要なエリアの事です。 パ...